小動物臨床総合誌 MVM(エムブイエム)に掲載されました

  • 2021年12月02日

獣医臨床感染症研究会会長の村田佳輝先生ご執筆による『感染症へのアプローチ 腸管免疫と感染―免疫力を考える』において、フローラケアを犬検体に使っての研究結果が掲載されました。

フローラケアの摂取により、Treg、IgAが上昇し、免疫不均衡が是正されること、この結果、糖尿病、副腎皮質機能亢進症、免疫介在性疾患(IBD等)での免疫抑制治療など多くの疾患に効果が期待できることが紹介されています。

『MVM 195号』のフローラケア研究結果の掲載記事はこちら